就活は誰しもとは言いませんが、大抵の人が通る道です。私もつい最近まで就活をしていましたが、やはり一筋縄ではいきませんでした。そんな私が就活で苦労した点をいくつか紹介したいと思います。

 

まず1つ目、私は大学在学時にサークルに所属していませんでした。人によると思いますが、サークルや部活等の縦の知り合いができる団体に所属していない人は情報収集に苦労します。バイトはしていましたが、バイト先には様々な大学から人が来ていたので、どうしても狙っている企業のレベルなどに齟齬が生じます。従って、縦の繋がりが希薄な人は面倒くさがらずに大学の就職課を利用することをお薦めします。

 

2つ目は想像以上にお金がかかることです。説明会から数えると何度も電車を利用するし、合間の時間にはだいたいどこかの店に入ってコーヒーを飲んでいました。人によっては関東から関西、関西から関東など遠い距離を移動することになるでしょう。交通費を支給してくれる会社もありますが、してくれないところもたくさんありました。こればかりは事前にお金を貯めておくか、親にお願いしてお金を貸してもらうしかありません。タダでは就活するのは難しいことを覚えておきましょう。

 

そして最後に、ほとんどの人が落ちることを経験するでしょう。大学受験まで試験で落ちたことがなかった人はたくさんいると思いますが、就活は余程な人間でない限り無傷で終わることは奇跡に近いです。落ち込んで反省することも大事ですが、反省したらすぐに切り替えられるようにもしておきましょう。